こばやし歯科医院 明美先生ブログ

小林明美が生まれ育った家庭のこと、その家庭を守り苦労した母の生き様を”我家の軌跡(奇跡)として随筆中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

我が家の軌跡(奇跡)【34】

その頃には相模原市由野台にある淵野辺キャンプ場(今の JAXA 宇宙科学研究所 相模原キャンパス)という米軍キャンプの正門前に土地を見付け、両親は頑張って一軒家を建てた。

130719_kblog04.jpg
【クリックすると画像が拡大します】


父の設計によるもので、妹と父の部屋から入れるような位置にお風呂場があるという変わった造り。
新潟に引き続き、池にこだわり、大きな石で猫返しを造り、鯉を一杯泳がせる魂胆をしていた。

130719_kblog01.jpg 130719_kblog02.jpg
【クリックすると画像が拡大します】


建築中は父に代わり母が建築現場に足を運び、工程を父に見せるために写真を撮っていた。

130719_kblog03.jpg
【クリックすると画像が拡大します】


店舗付きにし、障害者に与えられるタバコ販売権を利用して、タバコ、文房具、お菓子などを売る雑貨店を開いた。

お嬢様育ちの母が初めて商人となったのである。そして父も。

父のベッドは店番が出来るように置かれていた。お店に続く部屋は引き戸と、マジックミラーで、仕切られていて、部屋からお店が見えるようになっていた。
父は引き戸の方に頭が来るようにし、顔と手が出せる位の隙間に戸をあけて、父の店番が始まった。

つづく
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。