こばやし歯科医院 明美先生ブログ

小林明美が生まれ育った家庭のこと、その家庭を守り苦労した母の生き様を”我家の軌跡(奇跡)として随筆中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

我が家の軌跡(奇跡)【29】

お部屋を借りている人の中に、シャープに勤めている男の人がいた。
独身だったので、母は時々夕食に招待した。
男手の無い家庭にとって有り難い存在。
お陰様で、父と妹は何回かドライブに連れて行って頂き、外の世界を楽しんだ。
(妹は楽しんでくれたのか確かめようがなかったが...。)

ドライブに一家で出掛けると決まると、母は大張り切り。
おにぎり、お寿司、煮物、フライ、卵焼き。
重箱にぎっしりと美味しさを、母の喜びを一杯詰めて。

130226_02.jpg
【画像をクリックすると拡大します】


父と妹の身の回りの物を用意し、ライトバンの後ろの席を全部倒してフラットにし、ベッドを作って父と妹が寝られるようにし、と、母は大変だったでしょうが、母にとっても楽しい事だったと思う。

後ろのベッドの隙間に明美も母も乗っかって、ウキウキのドライブに出掛けた。
健康な二人は本当に嬉しく、つい父の姿を写真に納める事も忘れ、はしゃいだ。
我が家の写真を撮る目的は、父に見せる為なので、その本人が一緒なのだから、撮る必要性がないからなのかも知れない。

父は多分、幻覚痛は同じようにあったのだろうが、気分転換の方が勝っていたのか、終始にこやかだった。
一枚だけ証拠写真が見付かった。
車から運び出されて満足そうに土手に座っている父。
130226_01.jpg 父の右隣がシャープに勤めていた下宿人。

【つづく】つぎは、裏日本から、表日本へ一家は移ります

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。